MENU

吉田班

吉田班・論文発表

*Ogawa, S., and *Shirasu, K.

Strigol induces germination of the facultative parasitic plant Phtheirospermum japonicum in the absence of nitrate ions.

Plant Signal. Behav., 17, 2114647 (2022) Link


寄生植物が宿主に接近するメカニズムの解明

Ogawa, S., Cui, S., White, A. R. F., Nelson, D.C., Yoshida, Y., and *Shirasu, K.

Strigolactones are chemoattractants for host tropism in Orobanchaceae parasitic plants.

Nature Commun., 13, 4653 (2022) Linkプレスリリース

根寄生植物は、①宿主となる植物が近くにいることを認識し発芽する、②自身の根を宿主の根に向けて伸ばす、③根を連結させ栄養や水を奪う、という3段階を経て寄生を完了させます。このうち、①と③については研究が進められてきましたが、②の屈性と呼ばれる現象のメカニズムについてはほとんど明らかになっていませんでした。今回、国際共同研究グループは、ハマウツボ科寄生植物のコシオガマが宿主の根から放出される根圏情報物質のストリゴラクトン(SL)に対して屈性を示すことを発見しました。この屈性はアフリカなどで農業被害を引き起こしている同じハマウツボ科のストライガでも見られる一方で、非寄生植物では見られないことから、ハマウツボ科寄生植物に特有の戦略である可能性があります。また、SLへの屈性には植物ホルモンであるオーキシンの輸送が関与すること、屈性はアンモニウムイオンの存在下では抑制されることを発見し、さらにSLを認識して屈性を引き起こす受容体を同定しました。


Kokla, A., Leso, M., Zhang, X., Simura, J., Serivichyaswat, P.T., Cui, S., Ljung, K., Yoshida, S., and *Melnyk, C.W.

Nitrogen represses haustoria formation through abscisic acid in the parasitic plant Phtheirospermum japonicum.

Nature Commun., 13, 2976 (2022) Link


Kato, H., Nemoto, K., Shimizu, M., Abe, A., Asai, S., Ishihama, N., Matsuoka, S., Daimon, T., Ojika, M., Kawakita, K., Onai, K., Shirasu, K., Yoshida, M., Ishiura, M., Takemoto, D., Takano, Y., and *Terauchi, R.

Recognition of pathogen-derived sphingolipids in Arabidopsis.

Science, 376, 857-860 (2022) Linkプレスリリース


植物の免疫応答を抑制する化合物を発見

Ishihama, N., Choi, S-W., Noutoshi, Y., Saska, I., Asai, S., Takizawa, K., He., S.Y., Osada, H., and *Shirasu, K.

Oxicam-type nonsteroidal anti-inflammatory drugs inhibit NPR1-mediated salicylic acid pathway.

Nature Commun., 12, 7303 (2021) Linkプレスリリース

植物は、病原菌の感染行動を認識すると、生体防御反応を誘導することで病原菌の感染および増殖を防ぎます。ヒトの非ステロイド性抗炎症薬として知られるサリチル酸は、ヤナギの樹皮から抽出した解熱鎮痛剤の実体として2000年以上前から使用されてきましたが、植物体内においては、サリチル酸は内生のシグナル分子であり、転写補助因子NPR1を介して植物免疫応答を活性化する働きを持っています。今回新たに化合物ライブラリーから植物の免疫応答を抑制する化合物として、化学構造の類似した3種類のオキシカム系非ステロイド性抗炎症薬を同定しました。さらに、その1つが細胞内の酸化還元状態を酸化側に傾かせること、そしてサリチル酸で発現が上昇する遺伝子群を広範に抑制することを示し、サリチル酸のシグナル伝達機構の一端を明らかにしました。


Ogawa, S., Wakatake, T., Spallek, T., Ishida, J.K., Sano, R., Kurata, T., Demura, T., Yoshida, S., Ichihashi, Y., Schaller, A., and *Shirasu, K.

Subtilase activity in the intrusive cells mediates haustorium maturation in parasitic plants.

Plant Physiol., 185, 1381-1394 (2021) Link


*Yoshida S., and Kee, Y.J.

Large-scale sequencing paves the way for genomic and genetic analyses in parasitic plants.

Curr. Opin. Biotech., 70, 248-254 (2021) Link


Greifenhagen, A., Braunstein, I., Pfannstiel, J., Yoshida, S., Shirasu, K., Schaller, A., and *Spallek, T.

The Phtheirospermum japonicum isopentenyltransferase PjIPT1a regulates host cytokinin responses in Arabidopsis.

New Phytol., 232, 1582-1590 (2021) Link


Furuta, M.K., Xiang, L., Cui, S., and *Yoshida, S.

Molecular dissection of haustorium development in Orobanchaceae parasitic plants.

Plant Physiol., 186, 1424-1434 (2021) Link


Fishman, M.R., and *Shirasu, K.

How to resist parasitic plants: pre- and post attachment strategies.

Curr. Opin. Plant Biol., 62, 102004 (2021) Link


Masumoto, N., Suzuki, Y., Cui, S., Wakazaki, M., Sato, M., Shibata, A., Furuta, K. M., Ichihashi, Y., Shirasu, K., Toyooka, K., Sato, Y., and *Yoshida, S.

Three-dimensional reconstructions of haustoria in two parasitic plant species in the Orobanchaceae.

Plant Physiol., 185, 1429-1442 (2021) Link


Boukteb, A., Sakaguchi, S., Ichihashi, Y., Kharrat, M., Nagano, A.J., *Shirasu, K., and *Bouhadida, M.

Analysis of genetic diversity and population structure of Orobanche foetida populations from Tunisia using RADseq.

Front Plant Sci., 12, 618245 (2021) Link